>

様々な部屋タイプ

一度は泊まってみたい!

誰もが一度は泊まってみたい高級と呼ばれるホテル。
その魅力は何なのでしょうか。

私が考える魅力は、まず閑静だということ。大体の人は大自然の中にいたら癒され、
リラックスした気持ちになります。それと同じ状態が洗練された高級ホテルで感じることができるのではないでしょうか。
そして非日常感、これは立地、内装、清潔感です。常に誰かが掃除をしてくれていて部屋にもどればベッドメイキングもしてある、こんなこと日常ではありえません。
さらにおいしい飲食店があるということ。ホテルから出なくても素敵な食事タイムを過ごすことができる。
ほかにも色々ありますが、伝統があり、自信がある。ということがスタッフ全員の心にあり、そのおかげでお客様への対応が素晴らしいものになる。どんなに素晴らしい料理、建物、部屋、イベントがあってもスタッフに笑顔がなかったり、良くない対応を少しでもされてしまえば、その旅の印象は下がってしまいます。

ホテルの格付けの基準

ホテルの格付けの評価として私たちが参考にしているのが星です。
星5つなんて書かれているだけでどんな高級なところなんだと思ってしまいます。

この星の基準ですが、決められた法律などはないらしく、有名なミシュランガイドや各国政府観光局、AAA(全米自動車協会)などによって、ホテルのクオリティー(品質)、やサービスおよびファシリティー(施設や設備)などを総合的に評価してその結果を「星の数」で格付けされているそうです。

星は5つで分けられます。
5つ、4つ星は客室のインテリアやサービス、ファシリティがハイレベルでバレーパーキングなどのサービスが充実しています。
3つ星はエントランスやフロントなども含め比較的大きいホテルです。
2つ、1つ星はプライベート空間に重点が置かれ、アットホームな雰囲気です。

慣れない海外の旅行では日本とは違うサービスにとまどうこともあるのでしっかり調べてから行きたいです。


この記事をシェアする